耳の進化?

f:id:ortenjyo:20160613195724j:plain

ある音楽を通過することによって、それまで興味のなかった分野の音楽が急に好きになったりする。

僕の場合、ツタヤのレンタル落ち100円セールでブルーノートの名盤を大量購入したことにより、ジャズのインプロビゼーションの面白さに目覚めたら、

それまで何がいいのかさっぱりわからなかったグレイトフル・デッドが俄然面白くなり、ついには初期12枚組ボックスセットを買い込むまでにいたったり。

発売当時大ヒットした、このモッズのコンピレーションも、ヒットの反動で数年後には投げ売り状態になっていたころ捨て値で購入するも今ひとつピンとこないので、ほったらかしにしていたのだが、昨日散歩の折にウォークマンで聴いてみたところ、びっくりするほど気持ちがいい。

これはたぶん、二年前にガレージ・パンクにはまって色々聴きまくったおかげだろう。

モッズはガレージ・パンクの汗臭さを取り除いて、クールでヒップにしたようなものと考えると合点がいく。

ガレージ・パンクは悶々としていて、モッズはリア充てな感じもする。

まあこうやって好きな音楽が増えていくのは楽しいもんです。 

さてNBAファイナルでも観ようかな。