体調が悪いときに、何を聴くか?

尿管結石と帯状疱疹と胆石のトリプル・パンチで夜もおちおち寝ていられない。

こういう時には普段聴いているような、激しいロックは頭に入ってこないことに気付いた。結局ラジオでクラシックとか聴いてほっとしている体たらく。

死ぬときはジミヘンを大音量で聴きながら…なんて考えていたが、実際はそうもいかないようです。

じゃあ手持ちのCDでゆったり聴いていられそうなのは何かとなってくると、タンジェリン・ドリームとかクラウス・シュルチェなどのジャーマン・ロックかとも思うが、なんとなくあのノリだと地獄に連れて行かれそうで怖いですね。

やはり日吉のツタヤの100円セールで大量購入したブルーノート・ジャズの名盤たちを聴きながら死んでいくのが一番ですかね。

とか言いながら、現状の痛くて眠れない夜はネットでバナナマンとかケンドーコバヤシの深夜放送を聴いてるんですけどね。

しんどいときは音楽より笑いが効くかも。