読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレイトフル・デッド、人気ないの?

駅前のツタヤでまたちょっと放出したみたいで、クィーンの2枚組ライブやらキャロル・キングカーネギー・ホールやらアシュラ・テンペルのファーストやらを購入。

われながら脈絡のないラインナップですね。

僕が一番好きなクィーンの曲は「地獄へ道連れ」なのだが、邪道だろうか?

その店で放出されるCDは名盤と呼ばれるものが多いので、店頭に並ぶとすぐに売れて無くなっていくのだが、グレイトフル・デッドの初期作はずーっと売れ残っている。

あまり人気が無いのだろうか?

僕もつい数年前までは、名盤の誉れ高い「ライブ・デッド」を聴いても、なんだかだらだらしてるなあくらいの印象で全然ピンとこなかった。

しかしジャズを集中的に聴いていた時期にインプロヴィゼーションの面白さに目覚めてからデッドを聴き直してみるとあら不思議。俄然気持ちよくトリップできたのです。

タイミングよく横浜のユニオンで初期作12枚組ボックスを3000円ちょっとという安値で発見して、それ以来ちょくちょく頭をくらくらさせております。

眠れない夜に小音量で流したりするのも効果的ですね。

動画サイトでクイック・シルバー・メッセンジャーなんとかいうバンドを聴いたら、それも同じ感じに気持ちよかったので、そのうち手に入れようと狙っております。このバンドは後半になると音楽性が変わっていくらしいので、そのへんを見極めてからですね。