ブックオフはCDから撤退するのか?

一日立ちっぱなしで作業してだいぶ腰にきていたが、せっかく新宿に来たのだからとやっぱりディスク・ユニオンに立ち寄る。

予算は1650円。

レココレ増刊・湯浅学監修の年代別ディスクガイドを一冊買えたらなと思っていたが、それほど古い本では無いのに早くもプレミアがついていて断念。ブックオフで探すしかないのかな。

仕方ないのでハードロックかサイケの名盤を買おうかと物色したが、あれもこれも一応ネットで聴けるしなあとなかなか踏ん切りがつかない。

そうこうしているうちに閉店が近づき、焦って買うとろくなことが無いので、並びにあるブックオフに移動。

ここにもディスクガイドは無し。

CDコーナーに移動すると、280円のCDが200円になっていて、なんと数日前には一枚108円というセールを行っていた模様。東口店に続いて西口もCDから撤退するつもりで在庫処分しているのだろうか。500円の品も3枚で30%オフということで、今日はここでじっくり探すことにした。

セール後という事であまり期待していなかったが、200円では

ジーザス&メリー・チェインのセカンド、21世紀型ガレージのザ・オーウェルズ、へヴィ・ロック・ガイドで推薦していたプロング。

500円では、かっこいいジャケットが期待させるヘラコプターズ、ザ・フーの名盤と言われる「トミー」、トロピカリア・ブームのころ欲しかったガル・コスタのサイケ盤を選び出す。これでちょうど1650円。

シド・バレットのオリジナル・アルバムがボーナス・トラック入りで3枚揃っていたが、このところハードロック耳になっていて、ニック・ドレイクも響かなくなっている状態なのでスルー。ジミヘンのライブ盤も4枚あったが、ジミヘンのライブ音源はきりがないからなあ。そのうち「イン・スタジオ」10枚組を手に入れてけりをつけようと思っているのでスルー。

レジに持っていこうとして、あ、煙草が買えないと思い、熟考の末ジザメリとプロングを棚に戻す。うー煙草やめたい。

しかしブックオフが撤退したら、安物買いは月一のユニオン100円セールしか楽しみが無くなっちゃうなあ。